長い間、慣れ親しんで来たガラケーは本当に利用しやすかったと思っています。
ボタンも押しやすいし、何よりも操作が簡単だったことから、周囲がスマホになっても私はガラケーを続けていたのです。
とても手軽に利用出来るために、デジタルなものが苦手な中年の私にはピッタリの携帯電話だったのです。
しかし物の寿命というものが迎えて、新たにガラケーをって考えていたのですけれど、家族が猛烈にスマホを勧めてくるのです。
「アプリ使えば無料で通話だって出来るから、電話代も節約出来るでしょう」
「いろいろと検索出来るから、凄く便利なんだよ!仕事にだって使えるんだからさ」
「家族の事を思ったらスマホでもいいんじゃないの?」
矢継ぎ早にスマホを進める家族たち、これに押し切られてしまったのです。
会社の中でもスマホを利用している人たちを見ると、格好いいなぁという気持ちはあったんだけど、タッチパネルの操作がやたらと難しそうで、中年男性にはちょっとハードルが高いよって気がしていたんです。
妻がスマホを貸しくれて、これこれこうやってと説明をしてくれたんですけれどさっぱりでした。
電話とメールぐらいは使えるからという事で、渋々スマホを利用することにしたのです。
携帯ショップでスマホを手にしたとき、これは格好いいと思うのだけれど、気が重いなぁっていう気持ちもありました。
自宅に戻って操作していても、なかなか覚えきれないし厳しいものを感じてしまいました。
しかしそれでも電話の操作だとか、メールの操作は覚えることが出来ました。
「アプリも便利なものがあるから、調べといたら?」
そのこと言われたって、アプリが何なのかよく分かっていないのですから、理解することもできなかったのです。